FC2ブログ

無料☆大銀座落語会2006☆

昨年は、中国語落語会は大成功に行いました .


本年はよりパワーアップし、新しいネタに挑戦する


林家いっ平の高座にどうぞご期待ください!


 ------------------------------------------


時間:715日(土)昼12時開演


場所:銀座ヤマハホール 


料金:全日本中国学友会会員無料


出演:林家いっ平・ウーウェン(料理研究家)


   ねんど大介(中国で活躍する大道芸人)


   そして!特別ゲスト!!!


---------------------------------------------------------------------


お申し込みは:


ご住所氏名を明記の上返信していただくかFAXでお知らせください。


ご希望枚数がありましたらお知らせください。お待ちしております。


----------------------------------------------------


大銀座落語祭実行委員会事務局  外国語落語会担当 花岡 


fax 03-3378-3728    yasuha@mercury.dti.ne.jp


----------------------------------------------------

スポンサーサイト



「ボランティア活動に関する交流会」を開催します!


千葉大学におけるボランティア活動の在り方を考えるため、学長主催による本学のボランティア関係者の交流会を下記のとおり開催いたします。


 ボランティア活動に関わっている方や関心のある方の参加を歓迎しますので、奮ってご参加ください。


日時:平成18年6月16日(金) 16:15~17:45
   (交流会終了後に懇親会を予定しています。)


場所:千葉大学けやき会館 レセプションホール(3F)
   【懇親会場は、けやき会館1Fの「コルザ」(会費1,000円)】


申込方法:交流会への参加を希望される方は、
6月14日(水)までに、次のメール・アドレスに「ボランティア交流会参加希望」と明記の上、
氏名、所属(学部名又はサークル名)及び懇親会への参加の有無 をご連絡ください。
懇親会費は当日いただきます。


申込メール・アドレス:ddc2162@office.chiba-u.jp


  担当:学生部 学生生活課 学生係 牧田
  TEL043-290-2162


参加対象者:千葉大学内に組織されたグループの一員として、ボランティア活動に関わっている方又は関わろうとしている学生、教職員又は地域住民


その他:当日、資料の配布を希望される方は、事前に原稿を学生部学生生活課までお持ちください。


中国人留学生向け「発展空間」研修プログラム(1期生)募集のご案内

早稲田大学アジア太平洋研究センター日中ビジネス推進フォーラムではこのたび中国人留学生向け「発展空間研修プログラム」(無料)を開設することになりました。
 当研修プログラムは、日本企業への就職を希望する中国人留学生向け、就活並びにスキルアップを支援するプログラムです。


詳しく:http://www.wjcf.net/wjcfresource/document/Ctrainingpr.htm  


お問い合わせ:早稲田大学アジア太平洋研究センター WJCF事務局
担当者:朱(シュ)、内村(ウチムラ)、守安(モリヤス)
〒169-0051 新宿区西早稲田1−21−1 早大西早稲田ビル613
Tel.03-5287-5578(内線:6720)  Fax.03-5287-5831<BR>
mail. wjcf@wiaps.waseda.ac.jp

社員寮の入居者の募集

船橋にある社員寮:東船橋に下車

部屋の状況:

1.17.5㎡ の洋室

2.部屋の中、ベッド、机、椅子、本棚、クローゼット備付、冷暖房完備、電話回線あり(通話料金のみは個人負担)、インターネット接続可。

3.共用空間:食堂、大浴場、洗濯室、洗面所、トイレ(洋式)、
キッチンコーナーあり。

4.入居できる期間は:2007 年3月20日まで、ただし、空室の状況によって、一年ごとに延長が可能。(延長ができるかどうかは 2007年1月あたりに知らせ)

5.募集人数:男子3名

6.応募資格:私費留学生で、単身または独身の学部、大学院の学生である。年齢は原則として28歳までとしているが、ご相談可能。ある程度日本の生活を理解しており、国際理解と親善に関心を持ち、貢献したいもの。国民健康保険に加入しているもの。

7.費用:月8,100円(光熱費込み)

     朝食:525 円

     夕食:504 円

基本情報は以上です、もっと詳しいことは学部留学生課(国際教育センター1階)にお尋ねください。締め切りはすぐになるが、
申し込みと問い合わせなどはできる限り早めにしてください。

NTT Communications より「全日本中国留学生学友会限定!メール通SMS・無料お試し版」のお知らせ

 ☆☆登録方法がさらに簡単になりました。詳細は下記URLにアクセス。☆☆


 全日本中国留学生学友会メンバーの皆様に「メール通SMS・無料お試し版」をご提供します。この無料お試し版で5通のメール通SMSをご利用いただけます。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ ● 「メール通SMS」とは?                    ┃

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 メール通SMSとは、日本の携帯メールから中国携帯SMS(短信)へ中国語で簡単にメールを送信できるサービスです。もちろん、中国携帯SMS(短信)から日本の携帯メールへの返信もOKです。┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ ● メール通SMSならこんなに便利!                ┃

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

□ 日本語コードの漢字(S-JIS)と、中国語簡体字コード(GB2312)を自動変換。文字化けの心配もありません!

□ iモード、EZweb、Vodafone live!の公式サイトに登録済みなので、安心してご利用いただけます。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ ● 無料お試し版登録方法                     ┃

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

登録方法は簡単!

 STEP 1: PCから登録用ページ(下記URL)にアクセスし、自分の携帯メールアドレスを入力・送信

 http://www.hellonavi.com/pro/campaign/campaign.php

 STEP 2: 携帯メールに送信されたURLへアクセスこれだけで、すぐにご利用いただけます。

 ※公式サイト「Cafe Chinaモバイル」で既にメール通SMSを利用されている

  お客様も、当無料お試し版にご参加いただけます。

※登録受付期間:5/17~6/30

※利用可能期間:5/17~6/30

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ ● メール通SMSご利用方法                    ┃

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

「メール通SMS」の詳しいご利用方法はこちらのページをご覧ください。

http://www.hellonavi.com/helloindex/hellonavisms/whats_sms.html

 ※当無料お試し版のご利用には、月額料金は発生しません。無料お試し版終了後引き続きご利用をご希望の場合は、公式サイト「Cafe Chinaモバイル」から有料登録をし、ご利用ください。

※無料お試し版ご利用時に発生するパケット料などの諸費用はお客様のご負担となります。

 Cafe Chinaモバイル

 http://www.hellonavi.com (iモード、EZweb、Vodafone live! 共通)┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ ● お問い合わせ                             ┃

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

お問い合わせ先:

 Cafe China Hellonavi事務局

 service@hellonavi.com

 进入大学后的学习与生活

  经过一番拼搏,你终于考上了你所希望的大学,就要开始真正的留学生活了。这也意味着你的身份发生了改变,从中国国内毕业的“高中生” 或日本语言学校的“就学生”变成了真正的“留学生”。你的生活环境也将从纯粹与中国人打交道的中国国内或与各国外国人打交道的语言学校转变为以日本人为中心的日本大学。梦想变成了现实,多年的理想终于实现了。你可以欢呼,可以与朋友举杯痛饮,但不可沉浸在喜悦中停步不前。因为这仅仅是万里长征的第一步,进入日本大学后的学习和生活决不比你准备考大学时轻松。要想挺起胸,抬起头,走到台前,从校长或系主任手中接过学位证书,还要付出很多的努力,也许要比你想象的还要难。接下来将为你介绍进入日本大学后在学习和生活中需要注意的一些问题,希望能对大家有所启发,帮助你成功地渡过日本的留学生活。


                                 一、 学习是根本


   绝大多数同学来到日本是为了求学,学习日本先进的科学和技术,尽快拿到“洋学位”,掌握为社会服务的本领。一般而言,日本正规的大学其科研教学仪器设备先进,图书馆藏书丰富,检索手段便利,教学实验、实习设施完善。大家来日本留学,一定要充分利用好这些条件,掌握日本最先进的科学和技术,特别是在中国国内还暂时学不到的知识,为自己将来的工作和继续研究打下基础。但日本的大学在教学管理等方面与中国的大学有很大的区别,有其自己的特色,不了解这些情况,就不可能真正溶入日本的大学生活,起不到留学的效果。


                         日本的大学给教授和学生以极大的“自由度”


       新学期开学后,按照中国国内的习惯,你准时坐在了教室里,但教室却静悄悄的,根本没有中国大学那种在上课前一小时就用坐垫把座位占满了的情况。陆陆续续,学生才到,但老师却左等不来、右等不来,半个小时过去了还是不来。今天的课是取消了呢还是有什么变化了呢?满腹疑问,正想回头问问同学,却见大家象没事似的,各自在干着自己的事情。好不容易把老师等来了,一句简单的寒暄便开始上课了。很少有正规的教材,特别是理工科,老师每次会带来几篇仅供本次上课用的、自己编写复印的材料发给大家。上课到了一半,不经意地回头一看,学生已经东倒西歪地睡倒了一大片,而老师却象没看到一样照样讲自己的课。这就是日本大学的“特色”。不要惊讶,也不要看不惯,日本的大学给教授以极大的“自由度”。因为日本的大学教授非常忙,上课前突然有重要的客人或电话来访,突然有重要的事情不得不处理,所以准时上课的情况是很少的。但这并不意味着老师不负责任,几乎所有的教授都会在课前非常认真地备课的。同一位教授连续几年讲授同一门课程,很少会原封不动使用同一讲义的情况。很多教授都会在课前重新编写讲义,把关于本门课程最新的研究和发展加进去。正因为这样每次上课前给大家发几篇讲义,而不是全学年用的一本讲义,因为日本的教授们都非常忙,除了讲课,还要指导各种层次的学生进行科学研究,还有大量的社会兼职需要开会、需要处理,不可能腾出整块的时间将一学期的课全部都备完。日本的大学也给学生以极大的“自由度”。学生可以在系部开设课程的范围内,根据自己的“喜好”自由选课;学生不用请假就可以“随意”不来上课;甚至在课堂上可以“随时”睡觉,看自己喜欢看的书。但这种“自由度”是有条件的。每次上课前,老师都会发一张签到表,从前传到后,再由后传到前,出席的同学都会在上面签上自己的姓名、写上自己的专攻(相当于学院或系)和学号。不要小看这每一次的签到,积累起来就是课程结束时成绩评定的依据之一。你还要珍惜每次老师发的那几篇不起眼的讲义,它实际上是每次课老师所讲授内容的“纲”,是老师对讲课内容经过高度提炼后形成的文字材料。学生在课后还要顺着这条“纲”,到图书馆去查找相关的书籍、资料进行复习总结,拓宽知识面。还有一点也很重要,就是遇到不懂的问题,不要犹豫也不要顾虑,不管课前还是课后大胆地向老师提问,甚至敢于把自己“认为正确”的想法说出来与老师“辩论”,慢慢地有一天你就会发现你突然进步了。但千万要注意,日语是非常讲究“礼仪”的一种语言,与老师“辩论”时,一定要注意方式方法。因为“礼仪”的背后隐藏的是一种非常严格的“等级”制度,老师就是老师,“师道尊严”是必须的,尊敬师长是应该的。当然了,老师会注意到你是留学生,会原谅你不会使用敬语,但如果你说话时注意一下,在“敬语”方面再下点功夫,是不是就会在语言和知识两方面都有进步了呢?刚入学的同学,也不要担心自己的语言不行而“因噎废食”“不懂装懂”,因为这样做最后吃亏的是你自己。日本的大学给学生以极大的“自由度”的另一体现是课程结束时的考试方法。很多课程都以“课程报告”的形式评定成绩。课程结束时,老师会给大家布置几个与课程内容有关的题目,请大家自由选择。学生根据老师布置的课题,利用图书馆、资料室、英特网等去收集相关资料,综合、总结到手的资料,形成一部完整的“课程报告”。这种形式的锻炼对学生将来进入毕业阶段、进行论文研究具有非常大的帮助。


                              尽快将“标准日语”转变为“普通日语”


     几年的日语学习已经习惯了日语老师非常正规的“标准日语”,而且在各种日语考试中你的成绩也非常优异。但今天坐在大学教室里却不能完全听懂老师的讲课。老师的发音不清楚,语速也快,有的教授还喜欢使用一些深奥难懂的词语,对于你,最大的困惑就是不能连贯地听懂老师讲的内容。这有两方面的原因,一是你对老师讲的内容不是很了解,一些专业词汇根本就没有听说过,特别是理工科,日本人喜欢用片假名读物质的英语名称,让你摸不清他是在说英语还是说日语。另一原因是在日语课上,老师用非常合乎语法的严谨的说法,你学的当然也就是“标准日语”了。但专业课里老师讲的是日常会话的“普通日语”,一些惯用语、省略语、俗语听不懂也就不足为奇了。这时候要给你忠告的是:听不懂也要听,而且要坐在前排认真听,使劲听。更不能缺席,因为一次课不听,下次课就更没有连贯性了,几次课下来,对老师讲的内容一头雾水,不知所云,慢慢地学习的兴趣也就磨没了。因此,对于日语还不是十分精通的同学,课后的复习及课前的预习是非常必要的,至少也要借一本用日语写的相关专业内容的书看一看,熟悉一下词汇。


                                            学习兴趣要广泛


      日本的大学学部前两年属于教养学部,第三年才根据自己的意愿进入专业课的学习。在教养学部里,除了必修的一些专业基础课以外,还要选修体育、甚至文科类的历史等科目。这些教养科目的学分也是必须的,达不到规定的学分是不能升级的。进入了日本的大学,就要按照日本大学的规章制度去做。那种抱着来日本留学是为了学习日本的先进科学和技术的想法是对的,但大学里既然开设了这些教养课就有它开设的目的,因为大学里培养的是具有科学研究能力的高级人才,这些人才也应该具有管理能力,掌握专门知识包括各种社会知识,能适应社会发展的需求,而决不单纯是一个只会某项技艺的“操作工”。为了进入专业课程后能尽快进入角色,在老师的指导下干出一点成果,从一入学就应该注意拓宽自己的知识面。要知道现代科研早已不是单纯局限于某一狭小范围内的研究,大多是跨学科、多领域的合作研究。培养广泛的学习兴趣,对自己将来的发展肯定是有益的。一般每个研究室每周都有一次“讨论课”,学生轮流主讲,老师和同学坐在一起以提问的形式进行讨论学习。这是一个拓宽知识面的绝好机会,一定要认真参加。

関于邀請出席“21世紀中国:留学人員与构建和諧社会”研討会的函

詳しく:http://www.titechina.org/event/2006/events-2006-05-13-14.htm
海外邀請函-附件(確認版):http://www.titechina.org/event/2006/events-2006-05-13-15.doc
海外邀請函-確認版.jpg:http://www.titechina.org/event/2006/events-2006-05-13-16.jpg

2006年“中国尋根之旅——首届旅日華裔青少年云南行”夏令营

詳しく:http://www.titechina.org/event/2006/events-2006-05-13-13.htm

第三届華商企業科技創新合作交流会

詳しく:http://www.titechina.org/event/2006/events-2006-05-13-12.htm
プロフィール

千葉大学中国留学生学友会

Author:千葉大学中国留学生学友会


Mailing List参加の申し込み





2014年度会長 李振鹏 heylizhenpeng@gmail.com

最新コメント
最近の記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
カレンダー
04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
RSSフィード