FC2ブログ

第33回CCFD研究会( 33rd Chinese CFD Seminar

第33回CCFD研究会( 33rd Chinese CFD Seminar)

第33回CCFD研究会では、名古屋大学大学院計算理工学専攻教授である
(東京大学の唯一の中国人教授でもあった)張紹良博士をお迎えし、
「クリロフ部分空間法の数理をめぐって」を題として、科学技術数値計算の最先端
の研究をご講演頂きます。 また同時に、株式会社KGT(AVS) 亜洲総代理
(日本新華僑華人会事務局長でもある)許革首席代表をお招きし、汎用可視化ソフト
「MicroAVSの基礎と使い方」について、パソコン実習の形式でご解説頂きます。

注意: MicroAVS実習の場合は、ご持参のノートPCにMicroAVSをインストールする
必要があります。まだMicroAVSを持っていない方は、下記の特典をご参照の上、
http://ccfd.jp/MicroAVS.mht
事前にMicroAVSをノートPCにインストールするようお勧めいたします。


日 時:  2008年8月23日(土) 13:00~17:00

場 所:  株式会社KGT本社(新宿)5Fセミナールーム(新宿区新宿2-8-8 とみん新宿ビル)

地 図:  http://www.kgt.co.jp/feature/branch/honsha_map.gif


                 講演 1

講 師:  張 紹良 博士 (名古屋大学大学院工学研究科計算理工学専攻 教授)

題 目:  クリロフ部分空間法の数理をめぐって

要 旨:  
周知のように,科学技術計算に現れる問題の大半が最終的に連立1次方程式
A x = b を解くことに帰着され,その方程式の高速解法の開発が数値計算の分野で
最も重要な課題の一つであることは異論のないところであろう.連立1次方程式のため,
様々な数値解法が提案されてきた.それらは直接法,定常反復法,クリロフ部分空間法
(Krylov subspace methods)と大別できる.本講演では,導出原理と分類とを中心に
クリロフ部分空間法の数理について,幾つかの応用例を通して解説する.

クリロフ部分空間法は共役勾配法を源流にもつ解法の総称で,前処理技法(Preconditioning)
に支えられて,また計算機の発展と相まって,現在一千万を越える未知数をもつ問題を解ける
ようになって,大規模問題に対する数値解法として確固とした地位を確立しつつある.
20世紀を締め括るに当たって,米国SIAM等は20世紀に現れたアルゴリズムのトップテンを発表したが,
FFT(高速フーリエ変換)やQuickSortと並んで,クリロフ部分空間法もその一つにあげられている.

講師略歴:
1983年 7月 中国吉林大学数学系(計算数学専攻)卒業
1990年 3月 筑波大学工学研究科博士課程修了 工学博士
1990年 4月 (株)計算流体力学研究所 研究員
1993年 4月 名古屋大学工学部情報工学科 助手
1995年11月 筑波大学電子・情報工学系 講師
1998年 7月 東京大学大学院工学系研究科物理工学専攻 助教授
2005年 6月 東京大学大学院工学系研究科物理工学専攻 教授(併任)
2005年 6月 名古屋大学大学院工学研究科計算理工学専攻 教授


               講演 2

講 師:  許 革 首席代表 (株式会社AVS(KGT) 亜洲総代理)

題 目:  汎用可視化ソフトMicroAVSの基礎と使い方

要 旨:
3次元汎用可視化ソフトウェアMicroAVSの利用方法をご紹介します.データの読み込みから
可視化までの流れを実際のアプリケーションを操作しながら実習形式で学習していただきます.
「ファイル作成支援ツール」や定型処理の自動化に役立つ「スクリプト機能」,「3次元アニメーション
ファイル」の作成など標準で搭載されている便利なツール類も合わせてご紹介します.

この講演会に参加することで,シミュレーション,実験,計測などの様々なお手持ちのデータを
3次元的に可視化し効果的に表現することができるようになります.パソコンを使ったMicroAVS
の実習がありますので,各自ノートPCをお持ち下さい.(講義の中の操作を実際にその場で行う
ことができますので,より理解を深めていただくことが出来ます).また,可視化してみたいデータを
お持ちのかたはご持参頂ければ,個別コンサルティングにも応じますのでぜひこの機会をご利用下さい.

講師略歴:
1978年 中国吉林大学数学系計算数学(77級入学)
1982年 中国電子工業部から日本に派遣し、富士通、NECでソフト開発
1990年 日本クボタコンピュータに入社、画像処理を開発、AVSを使用
1995年 株式会社KGTに社名変更、可視化(主に医療画像)の開発
スポンサーサイト



全日本学友会关于推荐回国参加观看奥运会比赛的通知

全日本学友会关于推荐回国参加观看奥运会比赛的通知

全日本各地区、各大学学友会:
2008年中华民族将迎来历史上第一次奥林匹克盛会,对于每一个中国人来说都应该是值得振奋、值得骄傲的时刻。全日本学友会和各位在日留学人员为宣传奥运、支持北京奥运会,做了大量工作。为此,全日本学友会已经向有关部门申请赞助部分奥运会比赛的门票,免费提供给在日中国留学生。
本次申请的比赛门票的大概情况如下:
时  间:大概16-20日(16、18日的可能性大一些)。
比赛类别:可能是男子100米、400米栏、女子800米、铅球、链球、游泳、男子跳水、女子排球等半决赛和决赛
比赛地点:国家体育场等(均在北京)
费  用:只免费提供比赛门票(其他国际国内交通、食宿等均需自己解决)
申请要求:,
1.自愿前往北京观看比赛的在日中国留学生;
2.由各地区、各大学学友会推荐;
3.优先推荐长野火炬传递活动中表现突出的留学人员;优先推荐在四川地震捐款活动、为南方雪灾捐款活动表现突出的留学人员;优先推荐为留学生服务、在学友会各项工作中表现突出的留学人员等;
4.登陆下面网页报名:请注意,汉字必须全部用中文填写。
http://www.liurixueren.org/subhalf.php?id=400&subjectid=1585


后续通知请随时关注。



全日本中国留学生学友会
2008-7-28

关于庆奥运收看奥运会开幕式直播活动的通知

关于庆奥运收看奥运会开幕式直播活动的通知

2008年中华民族将迎来历史上第一次奥林匹克盛会,对于每一个中国人来说都应该是值得振奋、值得骄傲的时刻。全日本中国留学人员友好联谊会拟于2008年8月8日晚上组织中国留学人员和日本友人共同在东京收看奥运会开幕式现场直播活动。
活动宗旨:
通过本次活动让海外留学人员更加关注北京奥运会,感受北京奥运,通过各种方式宣传北京奥运;促进中日民间友好交流,让日本友人更多地了解北京奥运,支持北京奥运,进中日两国人民间的相互了解和世代友好,特别是青少年间的相互了解和友好交流。
活动时间:2008年8月8日 19:00-23:00
活动地点:门前仲町车站附近会场(室内)、池袋车站附近会场(室内)
参加人员:
1.门前仲町车站附近会场:70名左右中国留学生+20-30名日本学生
2.池袋车站附近会场:100名中国留学生+100名日本学生和友人
参加费用:免费
活动内容:   1)冷餐交流
      2)文艺交流,中日学生进行歌曲、舞蹈等文艺交流表演
      3)观看奥运开幕式现场直播
注:池袋车站附近会场相关活动
全日本学友会拟于观看奥运开幕式现场直播前,组织100名左右中国留学生在池袋周边举行公益活动――捡拾垃圾,时间:8月8日16:40-18:30,地点:池袋车站及会场周边。请自愿参加本次公益活动的人员在报名时注明。
报名网址:http://www.liurixueren.org/subhalf.php?id=400&subjectid=1589
报名说明:1.池袋会场只接受中国留学生的报名,不接受日本学生报名;
(因100名日本学生由日中友好协会负责报名)
2.门前仲町附近会场同时接受中国留学生和日本学生报名,日本学生请各相关大学学友会推荐并代报名;
3.门前仲町附近会场只接受在校学学生和在大学工作的留学人员;
4.请尽快报名,报满即止。



全日本中国学友会
2008-7-28

关于请各级学友会提请广大留日学人注意安全的通知

关于请各级学友会提请广大留日学人注意安全的通知

全日本各地区、各大学学友会:
最近日本东北、东部、中北部发生了多次震级较强的地震,对广大留学人员的人身安全造成威胁;另外,临近假期,因度假、旅游、交通、社会安全形势、学习生活压力等原因也造成多起中国留学生受伤、死亡等事故。
为切实加强广大在日中国留学人员的安全意识,请各地区、各大学学友会将下页通知尽快载入你会网页,并通过电子邮件转发给你会会员,并不定期地提醒你会会员注意安全。
另请注意下述情况要及时采取相应措施:
1.你会所属留学人员发生人身安全、死亡、失踪等事故时,要及时了解情况,尽可能提供帮助,并立即通过上一级学友会或直接向所属中国大使馆、领事馆教育处、教育室、教育组联系,及时报告情况;
2.你会所在地域发生地震、海啸、台风等重大自然灾害时,要主动及时联系你会所属中国留学人员,了解我中国留学人员的人身安全情况,无论是否有伤亡,都要主动及时向上一级学友会或直接向全日本学友会、及所属中国大使馆、领事馆教育处、教育室、教育组联系,及时报告情况;
3.对于非你会所属中国留学生发生人身安全、死亡、失踪等事故时,也请尽可能提供帮助,并立即通过上一级学友会或直接向所属中国大使馆、领事馆教育处、教育室、教育组联系,及时报告情况。
结合“全日本中国留学人员紧急应急系统”建设,各地区、各大学学友会会长、副会长、干部同时自动兼任各地区、各大学中国留学人员紧急应急联络系统委员长、副委员长和干事职务。各级学友会干部对发生天本区域内的重大自然灾害、留学生人身安全事件要切实作出应对,并及时向上级学友会或或直接向全日本学友会、及所属中国大使馆、领事馆教育处、教育室、教育组联系,及时报告情况。
考虑到日本经常发生地震、台风等自然灾害,请各地区、各大学学友会及时向广大留学人员强调注意安全问题。
全日本中国留学人员紧急应急系统:
紧急应急联络电话:080-6809-7666(全日本学友会),080-5059-7666(中国大使馆教育处)
紧急应急系统电子邮件:Emergency-acssj@yahoogroups.jp


全日本中国留学生学友会
全日本中国留学人员紧急应急系统
2008年7月24日

全日本学友会关于提请广大留日学人注意安全

各位在日留学人员朋友们:
最近日本东北、东部、中北部发生了多次震级较强的地震,对广大留学人员的人身安全造成威胁,今日凌晨岩手县洋野町又发生6.8级地震,青森、岩手、宫城、秋田和千叶等地已有127人受伤;另外,临近假期,因度假、旅游、交通、社会安全形势、学习生活压力等原因也造成多起中国留学生伤、亡等事故。
为此我们郑重提醒各位留学人员朋友们,请注意安全!
如果遭遇危险或麻烦,请及时和你所在的学友会取得联系,并请求帮助,全日本学友会也将全力提供支援。
祝各位留学人员安全顺利完成学业、做好事业!
全日本中国留学人员紧急应急系统电子邮件:Emergency-acssj@yahoogroups.jp


全日本中国留学生学友会
全日本中国留学人员紧急应急系统
2008年7月24日

背景资料:日本历史上发生的大地震:
2008年07月24日00时26分:日本东北地区发生6.8级地震127人受伤
2008年07月21日19时30分:日本东北地区海域发生6.1级地震
2008年07月19日10时39分:日本本州岛东部海岸发生7.0级地震
2008年07月05日15时49分:日本中北部发生里氏5.1级地震
2008年06月14日07时43分:日本东北部发生7.2级地震 2人死亡100人伤(图)
2004年10月23日,日本中部新潟发生里氏6.8级地震,造成67人死亡。
1995年01月17日,日本西部神户及附近地区发生里氏7.3级地震,造成6437人死亡或失踪。
1946年12月21日,日本西部大面积地区发生里氏8.0级地震,造成1443人死亡。
1945年01月13日,日本中部名古屋附近三川发生里氏6.8级地震,造成2306人死亡。
1944年12月07日,日本中部太平洋海岸发生里氏7.9级地震,造成998人死亡。
1943年09月10日,日本西海岸鸟取县发生里氏7.2级地震,造成1083人死亡。
1933年03月03日,本州岛北部三陆发生里氏8.1级地震,造成3008人死亡。
1927年03月07日,日本西部京都地区发生里氏7.3级地震,造成2925人死亡。
1923年09月01日,东京发生里氏7.9级地震,造成142807人死亡。

『第4回 アジア人材就職・転職説明会』開催!

『第4回 アジア人材就職・転職説明会』開催!

採用意欲の高い企業が大集合!
今週末の2008年7月19日(土)開催!!
希望の企業や仕事に出会えるチャンス!!

業界大手の流通、IT企業やフードビジネス、教育など、
様々な企業が集結!

当日は、就職セミナーも開催!
最近の就職事情や、面接、履歴書の書き方、
当日の説明会会場の回り方などを、
専門のアドバイザーがお教えします!
『アジア人材就職・転職説明会』当日、
また、今後の就職活動にも活かせる情報が満載!!

遠方の方も、お近くの方も、
皆様、お誘いあわせの上、
ぜひご来場ください!!


入場無料!予約不要!

☆開催日:2008年7月19日(土)
☆時 間:10:00~16:30
☆場 所:東京都産業貿易センター浜松町館
※地図などはこちらから↓
  http://asiajobfair.net/ (PC版)

☆内 容:
1.各企業ブースでの会社説明、面接会
2.就職セミナー(就職の心構え、履歴書の書き方、面接の受け方など)
3.専門キャリアカウンセラーによる就職・転職相談
4.行政書士によるビザ取得に関する個別相談

☆出展企業 2008年7月4日現在  全35社!(日本最大級!)
  
アジア人材就職・転職説明会」詳細はこちらから
PC版 :http://asiajobfair.net/
携帯版:http://www.school-plan.co.jp/19jinzai.i.html 
************************************************
■・・お問い合わせ・・■
 『アジア人材就職・転職説明会』運営事務局
E-mail:info@asiajobfair.net
TEL:03-5423-0723
************************************************

超大型建設・鉱山機械の組立工場見学

留学生の皆さん,   (財)千葉市国際交流協会助成事業
日本の最先端産業技術の現場を見学しませんか!

超大型建設・鉱山機械の組立工場見学

Visit to Mining Equipment Plant、KOMATSU!

尚、今回は大型建設鉱山機械メーカーのコマツ(Komatsu Ltd)のDump
TruckとWheel Loaderの組立工場を見学しますので 工学部の留学生の
方々に是非とも参加してもらおうと思いまして 魯 云先生、丸山 純先生
に募集の協力をお願いしております。

工学部で学ぶ外国人留学生の友人、仲間には是非とも参加を呼びかけて
下さい。 申込先は 見城先生となっていますが、魯云先生や丸山純先生
でもOkayです。

尚、Komatsu Ltdについて 更なる関心興味がある場合は 
http://www.komatsu.co.jp/CompanyInfo/profile/ (English Versionあり)を
ご覧下さい。


          主催: 千葉大学・国際教育センター &
          けやき倶楽部・国際理解グループ

千葉県や近郊にある日本の代表的産業技術の現場を案内する企画シリーズ・第3弾として、  今回は

建設・鉱山機械の代表的メーカーであるコマツ・茨城工場を案内します。

  今、 鉄 銅 アルミ 希少金属・・・の世界需要が 急拡大しています。 その原材料である鉄鉱石

銅鉱石 ボーキサイト・・・等の採掘に使われているのが 超大型のホイールローダ(積込機械)や ダンプトラック

(輸送機械)です。

オーストラリア、チリー、ブラジル、南アフリカ・・・など世界の鉱山向けに輸出される超大型建設・鉱山機械の

製造組立工場を見学するのが 今回の目的です。

   記

日時 9月 24日(水)   貸切バスで往復します

見学先 ① コマツ・茨城工場   (茨城県ひたちなか市)
② 鹿島神宮

行程 09:00  国際教育センター 集合・出発 (昼食代わりに お菓子とお茶を提供ます)

13:00  コマツ  到着・見学 (茨城県常陸那珂港内に在ります)

16:30  鹿島神宮 到着・参観       (日本の古代信仰の神社)

19:00  国際教育センター 帰校・解散

参加費 ひとり 500円

参加資格 千葉大学留学生なら どなたでも参加できます

募集人員・締切 25名  (定員になり次第絞め切ります)

募集窓口  見城悌治准教授/国際教育センター ① e-mail:kenjo@faculty.chiba-u.jp
 Professor KENJO、 ② TEL: 043-290-2206
 Center for International Reseach & Education


案内人 けやき倶楽部・国際理解グループ会員









千葉大学・国際教育センターのURL 
http://www.international.chiba-u.ac.jp/archives/030/

でも 案内されていますので ご覧下さい。
HD785 ダンプトラック とWA900 ホイールローダ

留日湖南同乡同友会

留日湖南同乡同友会


为了加强热爱湖南的在日中国留学人员和华人华侨的联系和进友情,开展友好互助活动,加强留学人员和华人华侨与湖南和祖国的联系,发挥纽带和桥梁作用;维护中国留学人员和华人华侨的正当合法权益;并力争为大家圆满完成学业和工作提供力所能及的帮助;促进我们与日本及世界其它国家的团体及个人间的友好交流。我们决定成立「留日湖南同乡同友会」。

「湖南同乡」为在日湖南籍学人; 「湖南同友」为热爱和关心湖南的友人(在日中国留学人员, 中国籍工作人员和华人华侨)。欢迎各位友人参加。


凡是热爱和关心湖南、遵守中国和日本的法律、愿意参加本会并在日本有合法资的中国留学人员, 中国籍工作人员和华人华侨均可为本会会员。



                       連絡先: hunan8jp@gmail.com



留日湖南同乡同友会 会长 张剑雄

      (日本一桥大学 经济学博士)

私費外国人留学生のみなさまへ 中国四川省における大地震の 被害状況を調査しています。

千葉大学留学生課からのお願いを流れさせていただきます。

四川の大地震については、募金活動等の支援が行われておりましたが、日本学生支援機構(JASSO)の方でも、経済的支援を検討中のようで、千葉大学で下記調査対象に該当する私費留学生の方が何名いらっしゃるか、調査を行っています。

【調査対象】
中国四川省に在住もしくは在勤している経費支弁者(日本留学のために仕送りをしている者)が、中国四川省における大地震に被災したことにより、仕送りが中止もしくは減額され、日本での生活、学業継続に支障をきたしている方

留学生課や各学部・研究科等の掲示板、そして大学HP【千葉大学の留学生の皆さんへお知らせ(新着情報)】に掲載して、該当の方には所属学部・研究科の学務グループに申し出て頂くよう呼びかけております。

ここからがお願いですが、千葉大学中国留学生学友会のHPでも、呼びかけては頂けないでしょうか。
大学HP(http://www.chiba-u.ac.jp/international/sai/topics/#title_1092)へのリンクというかたちでもよいかと思います。念のため、掲示用のファイルも添付しております。

本学の中国人留学生のみなさんは、学友会のHPをご覧になることが多いかと思いますので、是非よろしくご検討下さい。ご不明な点等ございましたら、留学生課:茶円までお問い合わせ下さい。

お忙しいところお手数をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

留学生課:茶円(内線2194)
TEL:043-290-2163



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
国立大学法人 千葉大学
留学生課学務担当
〒263-8522 千葉市稲毛区弥生町1-33
Email:dgd2197@office.chiba-u.jp
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

【留学生のための見学旅行の実施】

【留学生のための見学旅行の実施】

  国際教育センターでは、三井ボランティアネットワークと協同して、貸切バスによる
以下の見学旅行を企画しました。
 見学場所は、①「日本製粉」千葉工場と②成田山新勝寺です。
「日本製粉」は東洋一の規模を持つ近代的な製粉工場で、千葉港にあります。
成田山は、千年以上続く仏教寺院です。現地の観光ボランティアが広い境内を
案内してくれます。また「護摩(ごま)」法要の様子も見学する予定です。
 参加したい人は、国際教育センター 見城(kenjo@faculty.chiba-u.jp)まで申し込
みをしてください。

 日時:7月12日(土)
 集合:午前8時50分 西千葉キャンパス正門 貸切バスで出発。
 解散:午後4時30分(予定) 西千葉キャンパスへ戻ります。
 募集人数:20名
 参加費:一名500円(昼食代金を含む)   
プロフィール

千葉大学中国留学生学友会

Author:千葉大学中国留学生学友会


Mailing List参加の申し込み





2014年度会長 李振鹏 heylizhenpeng@gmail.com

最新コメント
最近の記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
カレンダー
06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
RSSフィード