FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日中友好交流卓球試合大会 千葉大学初優勝!

                                                                                                     
 7月11日に東京工業大学体育館にて全日本中国留学生学友会が主催され、中国駐日本国大使館、日本卓球協会、中国国家卓球チーム、および社団法人日中協会の後援によって「2009日中民間友好交流卓球試合大会」が行った。千葉大学代表チームは団体優勝と男子個人戦の準優勝(久我優太)、また第3位(湯本拓也)を勝ち取った。
この大会で卓球の熱さと激しさは非常に感じさせられていた。試合中の雰囲気はともかく、参加してくれた日本人と中国人の選手と運営スタッフたちの情熱は何よりも熱かった。関東の21大学チーム、日中学生選手混合代表チームや中国大使館と中国新華社、日中友好団体卓球クラブが参加した大会であった。中国国家チームメンバーであった前世界チャンピオン選手王輝らがエキジビジョン試合で来場の日中友達同士に姿を見せてもらった。
 中国大使館一等書記官の程普選さんと社団法人日中協会理事長の白西紳一郎さんの祝辞で試合を始めた。チーム精神に溢れた団体戦をはじめ、ライバルと直対面の個人戦や女子個人戦などで場を盛り上げた。皆が試合に対する真剣さと場外の親善は魅力に富んでいた。審判員たちや応援団たちもこの魅力に惹かれないわけがなかった。
 試合の結果として、われわれ千葉大学代表チームにもとても喜ばしいことがあった。団体優勝と男子個人戦の準優勝、また第3位を勝ち取った。これは千葉大学のこの試合での初優勝だった。人見知りしていた千葉大学の選手石崎さんはたくさんのカメラに囲まれて、無意識で首に掛けたメダルをいじりながら、愉快そうに笑っていた。他には、東京工業大学の選手が男子トップを取得した。一方、女子のトップは東京国際大学の選手であった。この中、リーダの千葉大学中国留学生学友会会長盧芳華さんが念入りの準備で、主将の久我優太さんたちの素晴らしい発揮で喜ばしい結果に繋がった。特に、団体戦の決勝で千葉大学チームと浜町卓球クラブの対戦は当日の最強対決だと言っても過言ではない。5ゲーム先取の三試合とも5局目の決勝局まで戦った。三局目の対戦に当たって、ほかに行っている個人戦も一旦休止、全員観戦の熱気であった。
 試合の後、疲れた皆は懇親会で再び興奮に包んだ。グラスを持ち上げ、乾杯の時、「優勝、おめでとう」と久我さんたちに言った。「ありがとうございます。初めて日中交流の活動に参加し、かなり緊張していたが、いい結果がでると。また次回もくるから、素晴らしい活動だし、個人戦の優勝もいつか」と久我さんが言った。自信が溢れていた。よし、私も勢いよく積極的に日中友好交流の活動に貢献しよう。今回の卓球競技交流を通して、卓球の腕だけではなく、日中両国の青年学生の交流と相互理解を深め、日中両国民間友好交流活動を促進することができたに間違いない。

千葉大学中国留学生学友会 徐鑫

     
プロフィール

千葉大学中国留学生学友会

Author:千葉大学中国留学生学友会


Mailing List参加の申し込み





2014年度会長 李振鹏 heylizhenpeng@gmail.com

最新コメント
最近の記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。